化粧水の成分として人気のコラーゲンとヒアルロン酸

ddt
化粧水には様々な美容成分が含まれていますが、中でもコラーゲンとヒアルロン酸は人気です。コラーゲンは

肌のハリと弾力を維持するために欠かせない成分ですが、化粧水等で肌の外側から補ってもあまり効果がないと言われる事があります。コラーゲンは分子が大きいのが特徴で、肌に浸透しにくい成分であるため、化粧水の成分として使いにくいという面がありました。近年では、この問題を解決するために、低分子のコラーゲンが開発されており、皮膚へと浸透しやすくなってきています。低分子コラーゲンが配合されている化粧品かどうかをチェックしてから買うようにしましょう。コラーゲンが化粧水に配合されている場合、弾力やハリのある肌になるためというより、保湿効果を向上するためな使われることが多いと言われています。コラーゲンを皮膚の外部からつけることでハリのある状態にすることは困難ですが、コラーゲン入りの化粧水は水分を蒸発しづらくする性質を持っています。肌の保湿といえば、ヒアルロン酸が有名ですが、ヒアルロン酸だけではすぐに蒸発をしていく事になります。肌が乾燥しないように、必要な水分量を維持する為には、水分の補給だけでなく蒸発を防ぐという事も重要になってきます。お肌から水分が逃げ出さないようにするには、コラーゲンを使うことも重要です。コラーゲンや、ヒアルロン酸が含まれているという化粧水は多いですが、個々の成分がお肌にどう影響するかを知った上で使うようにしましょう。ヒアルロン酸とコラーゲンのそれぞれの違いを認識した上でスキンケアに活用することで、お肌の状態に合わせた化粧水選びがしやすくなります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ