正しい洗顔で美白の肌を手にいれる

lady555
普段からの洗顔のやり方を一旦見直してみることで、美白効果の高いスキンケアを施すことが可能です。顔の洗い方を知ることで

、洗顔ケアを生かした美白をすることができるようになります。化粧汚れや、皮脂汚れを洗い落とすことが、洗顔の第一の目的です。ゴシゴシこすったり、肌を洗いすぎたせいで、肌の油分や、セラミドなどの成分が失われることもあります。肌を守るために必要な成分まで洗い落としてしまうことで、肌の防御力が低下し、肌トラブルのもとになることがあります。弾力のある細かい泡をつくって顔を洗います。泡立てネットなどを活用すると簡単に泡が作れます。Tゾーンに沿って泡を乗せていき、薄く広げていくことで汚れを泡の中に浮かせ、ぬるま湯で洗い流していきます。目の周囲や、口もと皮膚が薄く乾燥しやすいので、泡を乗せる程度の洗い方で十分効果を発揮します。洗顔料で洗ったら、ぬるま湯で入念にすすぎます。泡が顔に残らないように注意して、20回以上はすすぎましょう。皮膚を傷めずに水分を吸収させるには、吸い取りのいい柔らかいタオルを顔に押しつけるようにしましょう。洗顔後のお肌は水分が失われやすくなっています。角質層から水分が蒸発する前に化粧水で保湿ケアをしてください。美白を意識してスキンケアをする場合は、洗顔をしっかり行うことです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ