洗顔石鹸を使用した正しい顔の洗い方とは


洗顔石鹸は正しく使用することで、毛穴の汚れをしっかりと落とすことができ、黒ずみ対策にも効果を発揮します。洗顔ケアには

、正しい手順やコツがあります。ぬるめの湯を用意して、洗顔用のネットと、顔を、十分に濡らしておきましょう。40度以上の熱い湯で顔を洗うと、皮膚に残して起きたい油脂成分までお湯の中に流失してしまうためです。泡立てネットを湿らしすぎると泡が緩くなってしまうので、湿らせた後は軽く振って水分を少し飛ばします。弾力のある泡をたくさんつくって、顔に塗り伸ばしていきます。円を描くイメージで、優しく伸ばしていきましょう。泡で顔を洗う時には、つよくこすらなくてもいいので、顔の上で泡をコロコロと回すようにすることも効果が期待できます。絶対にやってはいけないのが、ごしごしと洗顔することで、くるくると円を描くようにやさしく洗っていくのが重要なポイントです。洗顔をした時の泡が皮膚に残ると肌を傷めてしまいますので、ぬるま湯を使って顔全体の泡をきれいに洗い流します。顔をすすぐに時は、ぬるま湯を10回以上顔にかけ直すようにします。ここで気をつけなければならないのは、決してごしごしと洗い流すのではなく、水の勢い利用して丁寧にすすぐことです。吸い取りのいい、柔らかいタオルで顔を拭けば洗顔は終了です。顔をタオルでこすらないように、水分を押し当てるようにすい吸い取っていきます。皮膚への負担を軽減できるように、皮膚を痛めずに汚れ落としができる洗顔方法をしっかり覚えておきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ