無添加基礎化粧品に配合されている成分について


基礎化粧品を選ぶ時に、無添加のものがいいという人は大勢いますが、無添加と書かれているからといって添加物が全くないとは言い切れません。世間一般のイメージとして

、無添加と書かれているものならば、お肌への刺激が少ないと考えられがちのようです。無添加と書かれている基礎化粧品なら、どれでも肌に優しいだろうから、その中から考えればいいという判断は誤りです。皮膚の保湿力を高め、肌トラブルを改善する効果が、基礎化粧品には求められます。なぜこの商品は無添加と主張しているのか、その定義が明確でない状態で、漠然と無添加化粧品という書き方がされていることがあります。添加物として、含有されている時には表示しなければいけない成分が幾つかありますが、それらが入っていないものを無添加と呼んでいます。アレルギーを警戒しなければならない成分に基づいて、化粧品表示指定成分が決められています。ですが、化粧品表示指定成分とは何十年も前に定められた成分なので、近年つくられた新しい成分は対象外なのです。近年に開発された成分で、化粧品表示指定成分ではないけれど、添加物と同じように使われている成分もあります。化粧品表示指定成分に指定されていない新たな成分が含まれている基礎化粧品を、無添加と称して販売していることもあります。納得のいく基礎化粧品を選ぶためには、無添加の意味が確認できて、配合成分が何かがチェックできるものにしましょう。毎日のように自分の肌に浸透させる基礎化粧品を選ぶのですから、無添加という言葉だけで信頼してしまうのではなく、成分などをきちんと把握するようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ